あじねこ雑季帳

2年放置からようやく再起動。ブログのタイトルも変えようか?
花貫渓谷へ

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

出発時はどんよりだった空。

しかし、花貫渓谷の汐見滝(だっけ?)に着くころ、ちょうど日が射してきたのだ。

奇跡!と思いつつも、お祭りの期間中なので自転車から降りて押していかなくてはならない。

(駐車場から自転車は乗るの不可)

 

なので急ぎつつ橋到着。しかし・・・

 

花貫渓谷

人が多すぎて写真が撮れない・・・

唯一日が射してるときの写真。

 

当然といえば当然だが、こうなると自転車を畳むしかなく、途端に重さ11kgの荷物が生まれる(笑)

紅葉は最高なのに、大荷物担いでぬかるみ道を散策(泣)

 

持って歩くのも大変なので、開き直り放置。そして写真を撮りまくる。

橋の端から・・・だとよくある写真になるので、橋の下から撮ったり漫喫する(^◇^)

 

吊り橋下から

 

しばし紅葉と戯れるが、帰りも3時間かかるので滝より上へは行かず、ここで帰路へ。

残念( 一一)

 

最深部?

 

奥はまだまだ行けそうだったが、都市部から3時間でこんなに自然。

来年はもっと近間にしよう((-ω-)

 

 

 

 

| ふみのねこ | おでかけ | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
花貫渓谷へ

JUGEMテーマ:日記・一般

だれも一緒に行ってくれないので、花貫渓谷に弾丸ツアーしてきた。

結果から言ってしまうと最高だったのだが、ちょっとコントラストを色濃くすると・・・

 

花貫渓谷の橋

 

 

 

こんな感じに色を盛れてしまうので、後の写真はカラーをいじくらず載せることにする。

(これはこれでキレイなのだが、なるべく見たままを載せようとする無駄なこだわり)

 

 

地図だけみると、高萩駅から花貫渓谷まで片道10kmないくらいなのだが、

途中から山に入る。なので山も走れるダホンで行くか、電車で幅をとらないブロンプトンか・・・

結局ブロンプトンを選択。

 

前日が雨で、泥除けを外したことをすんごい後悔する。

しかも当日の朝は霧がでていたので、行くのを躊躇しまくる。天気予報も13時ごろだけ晴れ、あとは曇り(´;ω;`)

 

 

そんな優柔不断をしているうちに高萩到着。超時間かかった( ;∀;)

 

 

高萩駅

 

なんせ3時間近く電車の中orz 腰いたい。

ガスっていた空も少しは明るくなっていた。よし。

 

ここから少し住宅地を走り、461号を西へ行き、花貫渓谷までは坂である。

しかし、いきなり坂。

 

もう坂・・・だと・・・?

もう坂…だと…?

 

まだ駅を出て5分だというのに?

 

 

 

そこまで坂という坂ではなく、渓谷の入り口まで簡単なアップダウンが続く。(´▽`) ホッ

 

そして渓谷の入り口の常磐自動車道の下をくぐる。

ここから本格的なヒルクライム・・・

 

でもなかった(*´▽`*)

 

それはロードならなんてことないが、ブロンプトンは16インチ車だ。

つらいっちゃあつらいが、なにせ景色が良いのでそんなに気にならない。

あとはそれなりに下りもあるので、上り一辺倒でもなかった(∩´∀`)∩ワーイ

 

疲れたー→左手に澄んだ渓流

 

また疲れたー→また左に花貫ダム、あと橋

 

つづら折りか?→途中にもみじの赤いじゅうたん

 

 

景色が良くて飽きない!

 

花貫ダム

 

花貫ダムから。帰りは海も見えました。

登っているように見えて、そんなに登ってないんです。

 

 

不動滝で満足しかけたが(笑)、当初の目的のるるぶ等に載ってる汐見滝の吊り橋を目指すことにした。

 

 

つづく

 

 

 

 

 

| ふみのねこ | おでかけ | 23:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
DAHON DOVE PLUSが気になる

 

JUGEMテーマ:日記・一般

タイトルの通り、2018年モデルのダホンのダブプラスが気になる。

鳩プラスの名前ではなく、そのサイズと「化けるかも?」な発展性にである。

 

 

ダホンダヴプラス

 

(画像はダホンのHPより拝借しました。)

ブラックカラーにロゴが緑のシンプルデザイン。個人的に金色よりコッチ。

 

 

これでクランク(チェーンリング)を46T以上にしたら、かなりスピードでるんじゃないか?

 

 

 

個人的には、どうしてももっと踏めれば・・・と思ってしまう。

 

というか、そもそも14インチ車にスピードを求めるのはいかがなものか?

14インチといったら3〜5歳の自転車のタイヤくらいだし、タイヤのラインナップも極少。

そういう用途には設計されていないかも(←されてない)だが、なんだか考えてしまうのだ。

 

某所で試乗した際、乗り心地はキャリーミーに酷似(!)していた(´・ω・`)

踏み心地や、ちょっと頼りない剛性、

なんとなく言葉にできない、ちょっとヤワイ(←かなり失礼)走行感・・・

だが、注目すべきなのはそんな些細なことではない。

 

もうちょっと踏めれば、約7kgの快適ミニベロになりえるのだ。

 

キャリーミーよりこっちの方がもちろん漕いでて楽だし、

折りたたみの手間暇と大きさを差し引いても

 

「キャリーミーキラー」になってしまいそうな気もする(書いててコワイ)。

 

あとはフレームにチェーンが干渉しないかや、そもそも規格が違うのでは?

と、色々疑問点はあるが、試乗したときにそこまで見てなかったorz

 

もしチェーンリング(もしくはクランクごと)がポン付けできたら、

相当楽しい自転車になるはず。もちろん坂は割り切ってあきらめるが。。。

 

思い返してみれば、カーブSLのフロント50×9Tのトップギアは恐ろしい速度だった。

そもそも長時間踏み続けられなかった・・・を考えると、46Tくらいが妥当なのかも。

 

追記→もう一度見てきたら、

46Tが干渉しないでイケるかな〜?くらいだった。

 

 

というわけで、誰か交換した人の情報待ちをする(汗)

 

| ふみのねこ | 自転車 | 12:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
那珂湊へ

JUGEMテーマ:日記・一般

 

ブロンプトンでは久ーしぶりの輪行(´・ω・`)

勝田駅から湊線を見に行く。

いろいろ目的はあったが、海の見える踏切や無人駅を見に行きたかったからである。

 

踏切

 

海の見える踏切、到着!

・・・はい、生憎の(定番の?)曇り空で海がガスってます(´;ω;`)

ちなみに渡ってすぐ右にセブンイレブンがある。

 

 

駅

 

とりあえずほとんどの駅をまわったが、中根駅の雰囲気が良かった。

写真だけ撮って、近隣の迷惑にならないうち退散。

阿字ヶ浦まで回り、最後は電車に乗って那珂湊駅まで。

 

おさむ

 

猫の駅長(おさむ)がいたが、たくさんの観光客に疲れていた様子だった。

無理に振り向かせようとせず、なで肩の背中を撮り駅を後にする。

 

ロゴ

 

凝ったデザインの看板。

あわよくばおさかな市場で海鮮を食べたかったが三連休の中日、

そんな希望は叶うはずもなく大混雑、おさかな市場を後にする。去り際に橋の上から一枚📷

 

さらば

 

ここから大洗→涸沼あたりで海鮮料理を・・・と考えていたが、大洗アウトレットは海鮮丼屋?だけ満席。

近くのお店も閑散としてて入りづらい・・・というか休みの店が多い。

 

海岸でサーフィン?の大会が決勝戦ですとやっていたが、よくわからず見ているうちに電車の時間が迫る( 一一)

結局大洗駅から水戸まで行き、帰路へ。電車の中がご当地アニメのキャラばかりで落ち着かない。

 

海岸線は、晴れていたら綺麗だったんだろうなぁ・・・

今度は晴れた日にちゃんと南下してみよう( ´・ω・`)

 

| ふみのねこ | 自転車 | 15:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
ベージュなブロンプトン

JUGEMテーマ:日記・一般

 

いつもはサイクリングロードで通過するところを、ブロンプトンでゆるく散策。

土手から見ていた橋が実は木造だったり、稲荷神社にプーさんが鎮座してたり、

意外な場所に池があったりとなかなか新鮮。

ただ、ブロンプトンのM3Lの純正タイヤだと、どうしても速さが出ないのでコジャックかジョセフに交換したい・・・

いや、今のタイヤを乗りつぶしてから(一一")

 

ベージュなブロンプトン

黄金の稲穂とツーショットを撮りたかったのだが、すでに刈られた後だった。

それにしてもアイボリーカラー(というかベージュ)が田んぼにマッチする。

さすが3年以上色で悩んだだけある(笑)

 

ベージュなブロンプトン2

別の角度から。ますます稲刈り前に来ればよかったorz

地味な写真ばかり続くので、次回は紅葉狩りだ!(こう書いてしまうと行けなさそう)

 

 

 

| ふみのねこ | 自転車 | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
土浦周辺サイクリング

JUGEMテーマ:スポーツ

本当に久っしぶりの輪行で霞ケ浦へ・・・

 

土浦駅

10年ぶりくらいの土浦駅。

エレベータを降りてすぐにサイクルステーションがあり、室内にサイクルスタンドやコインロッカー、

着替える場所があり茨城県行政(土浦市か?)の自転車に対する待遇がすごい!と感心。

 

ダホン スピードP8

 

駅からでも見えそうな霞ケ浦の景色。すぐ近くのハーバーからして景色も期待できそうだ。

 

霞ケ浦

 

地元のサイクリストっぽい人にくっついて行きサイクリングロードへ。

5か国語の表記が道路に表記されている。埼玉や茨城県の自転車乗りに対する待遇がすごい(2回目)。

千葉県もっと頑張れ。

 

ダホンとレンコン

ほどなくして見えてくるのは蓮根畑。物珍しいので写真をとるが、これがCR沿いにひたすら続くorz

でも遠くにきた実感が湧いてきたので、意気揚々と磯の香り(湖だけど)の中を走る。

 

ワンサイドEZY

 

今回は久しぶりにパーツ交換。10年使った純正のプラスチックペダルから、三ヶ島のペダルに交換。

写真だとわかりにくいが、右側(折りたたみ時に出っ張る側)だけ抜き差しできる、

ワンサイドのEZYペダルにして重量も(−200g)踏み心地もアップ。特に踏み心地は予想以上に変わった!

 

暗闇の雲

しかし、10kmにもいかないうちに雨雲・・・

道の駅までまだまだあるのに、無情にも雨脚は強くなっていく。

雨脚の前には剛脚も貧脚も等しく無力である。雲は厚く、止みそうにもない・・・

目的地の水戸(プラン1)どころか、道の駅を起点に北側ぐるり(プラン2)も無理そうなので、

仕方なく土浦まで戻り、りんりんロードを使いつくば方向へ。こちらも微妙に小雨。。。

 

かいつか

 

途中の「かいつか」で燃料補給。さつまいも万歳\(^o^)/

しかしこの寄り道が仇となり、筑波山近辺で雨雲に捉まりTXで帰路につくのであった(´・ω・`)

これはまた行くしかない・・・!

 

| ふみのねこ | 自転車 | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
花やしきへ
わざわざGW中に出掛けるのも…な感じだが、折角だからと花やしきへ。




中は超混んでいるが、休日のディズニーにくらべたら何てことはない。
狭いのに(周り見渡すとビルばかり)詰め込まれたアトラクションの数々。
メリーゴーランドと空中散歩?の隙間に観覧車など、無駄のない配置。いろいろ歩き回らなくてgood(´・ω・`)

無料券もさらっと貰えて、また空いてる日にいこうか悩みどころ。

| ふみのねこ | おでかけ | 15:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
アナ雪見てる
スタイリッシュな引きこもり方!?



相変わらず姉さん強すぎです。
| ふみのねこ | 雑季帳 | 21:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
やきいもミュージアムへ

JUGEMテーマ:日記・一般

 

やきいもミュージアムへ。

 

行方市なので、霞ケ浦の裏っかわ。京葉道から行けば簡単だが、常磐道側からだとアクセスしにくい。

結局あみアウトレットのルートを選択。渋滞もなく2時間くらいで着く。

 

千葉ウォーカー等に大きく紹介されているわけでもなく、そんなにたいしたものではないかな?と思っていた。

入場料は大人800円、子供(4歳以上)600円。高し。

しかし、大学いもと焼き芋が後でもらえるので、実質これから200〜300円引きくらいであろうか。

生徒手帳と手形の台紙も貰えて、がっつり参加型となっている。

おお、子連れには良さそうな手形台紙。

 

最初に映像と展示物を見る。まあこんなもんなのか・・・

 

 

ところが、

 

やきいもミュージアム

 

いきなりカオス(笑)

なんだこれ?

さつまいもの発展に貢献した人々…って、手前にブタ(笑)

ミュージアムは廃校を再利用しているので、こんなノリで進みます。

 

やきいもミュージアム

 

おならパーカッション。むしろ開き直ってる。

押すくらいではオナラの音はならず、それこそパーンってケツを強く叩くくらいでないとオナラの音が鳴らないという、

子供向けなのか大人向けなのか分からない仕様。しかもこの間にも宿題のヒントが出されているので、

見るだけでスルーさせないよう考えられている。

 

校舎も一服と思いきや、途中から工場のベルトコンベアーが見下ろせるなど、工場パートも見られる。

社会科見学のような感じ。

マイナス30℃(の入り口だけ)に全身が命の危機を感じた(汗)

 

大学いもとやきいも(かいつかの味に似ている?)を食べて終了。これ久々の当たりスポットでは?

しかし行方は遠い。電車でも最寄り駅もなく・・・

案内の人曰く、団体さんと同じ時間帯になってしまうと、けっこう混雑して待ってしまうのこと。

今回はラッキーだったのかも。

 

やきいもミュージアム

 

周りを見渡すと、そこかしこに焼き芋型のオブジェやロゴが。

よく見るとロゴ自体が焼き芋だった。細かい。

 

きちんと学校の看板は残してあったり、校長室の人体模型や時計、楯や学校の変遷など、校舎を再利用となっているものの、

学校への敬意は忘れられていないのがgood。

 

やきいもミュージアム

 

ちなみに校庭で遊べます。

外側から見ると完全に小学校である。

もう少しでトートバッグを買うところであった(汗)代わりに大学いも詰め放題でOK。また来ます。

 

 

 

 

 

| ふみのねこ | おでかけ | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
DAHONを語る

JUGEMテーマ:日記・一般

 

気がつけばうちのSPEED P8も10年選手になっていた。

フォレストグリーンという深い緑色なのだが、どう頑張っても写真では黒にしか映らない。

ロゴが現行のロゴと変わらないのと、フレームの形が変わらずなので(小変更はあるが)古臭く見えない。

ダホンとしてはmuがブランドイメージなのだろうが、こっちのほうがダホンらしい。

 

ファルコになっていたり、451サイズになっていたり、D8になっていたり、

FD台座が付いてたり、実はフレームがクロモリじゃないものもある等、派生も多く、

お値段の手ごろさ故に持っている人も多いかと思われる。

 

DAHON SPEED P8

 

最初はBig apple(太いタイヤ)が付いていたり、スピードが出しづらかったので改造も考えていたが、

そんなに改造することもなく10年を迎えた。変えたのは下記くらい?

 

・ハンドルポスト交換→ビテス用の長さの外折れ式に変更。畳むのが最速に!

・タイヤ交換→シュワルベのステルビオ(速いが不安定)→デュラノ(まあまあ良いが低速は不安定)→コジャック(デュラノとあまり変わらない走り)

・サドルとシートポスト交換→激重ポンプ付きからternのシートポストに。サドルはアリアンテVS。

 

コジャックはネットで別々にポチったら、ロゴのカラーが別のものがきたorz

 

あれ、変えなくてもそんなモデルが売ってるよというのはさておき、クロモリフレームというのがミソ。

20〜25km/hだと乗り心地は相当良い(比較muとcurve)。

 

まだまだ使い続けます(´・ω・`)

 

 

| ふみのねこ | 自転車 | 18:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE