あじねこ雑季帳

2年放置からようやく再起動。ブログのタイトルも変えようか?
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ダホンダブプラス初輪行

JUGEMテーマ:日記・一般

 

ダホンダブプラスで初輪行。

 

ダホンダヴプラス

 

予想以上に走れるので輪行せずいろいろ走り回っていたが、

重さ7kgの威力を味わってみたかったので初輪行。

都内入ったら適当な駅で降りて、海を目指そう。(適当)

 

浅草駅下車。本当に適当(笑)

そして軽い、軽すぎる!サドルの先端つまんで持てる!

 

座ったら座ったで小さい。

座席の下に空間がある席なら、そこにタイヤが入る。

(※入らない路線もありました)

この状態だと、ヒザの間に収まる(´・ω・`)

 

ダホンダブプラス輪行2

 

DOVEPLUS輪行

標準体型の人なら、ひざの間に挟んでも隣の席にはみ出さない。

ちょっと足を投げ出した、チョイ悪なオジサンサイズである。

 

カタログで見るとブロンプトンと同じくらいのサイズだが、こちらの方が一回り小さい。

(勿論14インチと16インチの差があることを付けくわえておく)

移動時も楽々。14インチ車はもっと注目されてもいい(一一")

 

浅草→上野近隣チャリ屋巡り→神田→東京→築地→お台場

 

帰りは新木場から。自由だ。

 

 

 

| ふみのねこ | 自転車 | 21:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
DAHON DOVE PLUS納車

JUGEMテーマ:日記・一般

 

いろいろあったけれどもDOVE PLUSが納車になりました。

一時はピンとくる色が無かったから、来年のモデルを待つか、購入自体をあきらめてOEM?の14インチ車で我慢しておくかという結論まで至っていたが、新色追加で状況が一変。

 

ネイビーは昔のTREKのアンドロメダ(←相当古い)みたいな良い色

グリッターはただのシルバーではない、語彙力が足らないせいで形容しがたいが、良い色。

 

どちらもネットで見るのとは違う、実物を見ると良い色なのであった。

この力の入れようとして、他の国と同じく来年もモデル継続になるだろうと思うが、

結局ネイビーを選択。

 

とはいえ、どちらも近くで見ると(所有してないと)良さがわからないカラーリングなので、

甲乙付けがたかった。

 

DAHON DOVE PLUS

 

いろいろいじくりたい衝動に駆られるが、同条件ならどうひっくり返っても16インチ車には敵わないので、

それを踏まえた上でいじくるのが吉であろう。

 

手始めに左右で588gもあるペダルを交換したい。

このペダルが完全に折りたたみ時の良さを潰している(´・ω・`)

 

とか書いておきながら、雨でまったく乗れない・・・

 

| ふみのねこ | 自転車 | 22:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
続々・DAHON DOVE PLUSが気になる

日記書いてから一週間しないうちに、衝撃的なニュースが(゜ロ゜;

 

新色追加・・・だと・・・?

 

アキボウさんどうなっているんだ(歓喜と困惑)

GIANTよろしく春モデルというやつか?

 

 

グランドネイビー(濃紺)とグリッター(銀色)ネイビーはダホンでは珍しい( ̄▽ ̄;)

2019年モデルを待たずして新色追加。あまり前例のないタイミングでは。

なんという強烈な後押し(´・ω・`)

 

 

ゴールドとマット塗装、あと黒か…と今年のモデルはと悩んでる人に朗報では?

まずは実物を見なくては(´Д`)

 

 

 

| ふみのねこ | 自転車 | 23:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
続・DAHON DOVE PLUSが気になる

JUGEMテーマ:スポーツ

 

昨年の10月の記事に引き続き、ダホンのダヴプラスが気になる。

半年も悩んでいるうちに(悩みすぎ)、ゴールド、ブラック、コスミックブルーの在庫が

なくなったとかなくなってないとかの情報を得て、ちょっと焦りだしている(´・ω・`)

 

しかし、キャリーミー購入時の教訓が尾を引いてか、過去の経験が半年も悩ませている。

というか、自転車乗りが台数を増やす時はみんな考えるであろう。

 

本当に今、必要か?

 

ということである。

乗るだけならロード2台にダホン、ブロンプトン。

ダブプラスは乗り味だけ見れば、ブロンプトンの下位互換という形になる。

 

 

個人的にやらかした反省

 

ミニベロロード(非折りたたみ式)買う

輪行もまあまあな大きさになる

スピードや乗り心地、快適さを考えたら、同じ時間があったら結局ロード乗るか

orz

 

 

もう一件

 

 

16インチミニベロ

小さい・軽い・それなりに速いし、車に積んで観光地とかで散策用に役立つ!

(いわゆる小径車の謳い文句)

観光地とかで散策、1年間で何回するの?

確かにそんなに行かないな。貴重な休日だし、地元のサイクリングロードでロード乗るか

orz

 

 

うわああああ。

 

というわけで、下位互換の自転車は買ってはいけないのだ(誰に言ってるの?)。

今持ってる自転車の乗車機会損失になるし、なにより家族会議がカオスな状態になる。

 

話は大幅に脱線したが、ではDOVE PLUSはブロンプトンの下位互換になるのか?

となると、単純にそうではない。

DOVE PLUSには「軽さ」という大きな武器がある。

つまり下位互換にはならない!(自己肯定?)

 

そして調べているうちに、DOVE PLUSにはダホンのOEM(正確には違うかもしれないが)で、

FIATやRENAULT、はたまた中国ではbya412なんて名前で販売されており、

日本のミニベロでは14インチの小径車はシェアが極少だが、

海外ではそうでもなかった。大雑把な私見だが。

 

ということは・・・

 

2019年度も、DOVE PLUS販売継続になるのではないか?

 

DOVE PLUS というかDOVEシリーズ。

・・・ということに期待する。4月にして完売の話も出てきているし。まさか一年でモデル消滅しないよな・・・

今年は金・黒・青(マットカラー)と攻めたカラーバリエーションだったため、

来年度は白や赤など、ダホンらしいカラーのものがでてくるのは…と、

様子を見ながら、冷や冷や待つ。(bya412PLUSの名前で白はあったりする)

 

最終的にはダブプラスを皮切りに、14インチ車の人気が広まってほしい(願望)。

 

 

 

 

 

| ふみのねこ | 自転車 | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
新年初ライド

JUGEMテーマ:スポーツ

 

平日に休みが貰えたので、

新年の走りだし(もう新年じゃないが)ということで、つくばへ行くことにした。

 

だがしかし、こどものお迎えがあるので一日フリーというわけでもない。

そんなわけだが(?)繁忙の年末も越えたし、自分にご褒美プランを考えてみた。

 

 

1、矢田部東PAで名物の焼き納豆ねばーる丼を食べる

 

2、運動不足だが、山登りを堪能する

 

3、つくば湯等々、温泉に入る

 

4、サザコーヒーを買う

 

 

うむ。朝早く出ればなんとかできるだろう。

 

 

 

当日。朝寒い。orz

 

寒すぎて出だしが遅れる。早くも4つパーフェクトが危うい( 一一)

 

 

とりあえず焼き納豆ねばーる丼へ。

 

焼き納豆ねばーる丼

 

うまし。

焼かれてサクサクした納豆とシャキシャキしたネギ、そこに玉子とあおさ(?)鰹節の三重奏。

納豆好きならぜひ食べてほしい一品。

 

お供の豚汁も温まる。

 

 

ということで筑波に向かいながら、どこ登るか考え中。

 

とりあえず不動→風返し→つつじヶ丘なら、登った気になれるだろう(安直)

 

しかし不動峠。何年ぶりでしょう。苦しい。

準備運動なしとか、あれ、10%勾配の標識まだだっけ?とか、電波塔もう横に見えるじゃない・・・とか思いながら、

途中でだれてしまい、なんとも情けない18分台orz

昔15分台だったような(言い訳)

 

暑かったのでウィンドブレーカー脱ぐ。

ようやく身体も温まってきたので、風返し峠までは楽々。

 

 

途中で野生のイノシシが飛び出してくる。

イノシシ

 

こちらを見かけて茂みへ消えていった。

 

このままつつじヶ丘まで行けるテンションだったが、すごい冷えてきた。寒い。

 

マドン5.9風返し峠

 

防寒対策のため一度立ち止まり。

 

あとは一気につつじヶ丘へ。最初だけだれるが、駐車場まで残り○kmの看板が見えたら後は楽々。

 

つつじヶ丘

 

ゴール(*'▽')みんな大好きつつじヶ丘。

久しぶりなのでブラブラする。

 

四六のガマと書いてあるのを見るとサガ2を思いだす(笑)

しかし寒い。

そしてこの時点でコーヒーか温泉のどっちかが微妙に。。。

 

温泉を切ってコーヒーをとることに。

 

 

とりあえずそのまま下るが、帰り道で微妙に迷い、大池公園方面になかなか出れずに時間を食う。

 

コーヒーと温泉はまたの機会に・・・

 

しかし、それなりに山成分を補充できたのでよかった(´・ω・`)

今度はもっと北部の峠を上ろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| ふみのねこ | 自転車 | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
振り返り

JUGEMテーマ:日記・一般

 

早いもので今年も終わりです。

今年は走れなかったなぁ・・・

 

DAHON SPEED P8

 

写真を見て気づいたが、今年はミニベロ率がすごい高かった

 

ロードだと、家を出るまでの下準備がすごい大変なのだ。(前日に用意しておけ)

結局それが億劫で、とりあえず私服でも違和感のないミニベロに頼ってしまう。

それだとなんだか運動したという気分になれずモヤモヤ。・・・というほどではないが、

心地よい疲労感みたいのは、やはりない。

 

やはりチョイ乗りに活用できる、アルミのロードバイクでも一台増やすか。。。(駄目)

 

来年はロードの時間を増やそう。

 

| ふみのねこ | 雑季帳 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
花貫渓谷へ

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

出発時はどんよりだった空。

しかし、花貫渓谷の汐見滝(だっけ?)に着くころ、ちょうど日が射してきたのだ。

奇跡!と思いつつも、お祭りの期間中なので自転車から降りて押していかなくてはならない。

(駐車場から自転車は乗るの不可)

 

なので急ぎつつ橋到着。しかし・・・

 

花貫渓谷

人が多すぎて写真が撮れない・・・

唯一日が射してるときの写真。

 

当然といえば当然だが、こうなると自転車を畳むしかなく、途端に重さ11kgの荷物が生まれる(笑)

紅葉は最高なのに、大荷物担いでぬかるみ道を散策(泣)

 

持って歩くのも大変なので、開き直り放置。そして写真を撮りまくる。

橋の端から・・・だとよくある写真になるので、橋の下から撮ったり漫喫する(^◇^)

 

吊り橋下から

 

しばし紅葉と戯れるが、帰りも3時間かかるので滝より上へは行かず、ここで帰路へ。

残念( 一一)

 

最深部?

 

奥はまだまだ行けそうだったが、都市部から3時間でこんなに自然。

来年はもっと近間にしよう((-ω-)

 

 

 

 

| ふみのねこ | おでかけ | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
花貫渓谷へ

JUGEMテーマ:日記・一般

だれも一緒に行ってくれないので、花貫渓谷に弾丸ツアーしてきた。

結果から言ってしまうと最高だったのだが、ちょっとコントラストを色濃くすると・・・

 

花貫渓谷の橋

 

 

 

こんな感じに色を盛れてしまうので、後の写真はカラーをいじくらず載せることにする。

(これはこれでキレイなのだが、なるべく見たままを載せようとする無駄なこだわり)

 

 

地図だけみると、高萩駅から花貫渓谷まで片道10kmないくらいなのだが、

途中から山に入る。なので山も走れるダホンで行くか、電車で幅をとらないブロンプトンか・・・

結局ブロンプトンを選択。

 

前日が雨で、泥除けを外したことをすんごい後悔する。

しかも当日の朝は霧がでていたので、行くのを躊躇しまくる。天気予報も13時ごろだけ晴れ、あとは曇り(´;ω;`)

 

 

そんな優柔不断をしているうちに高萩到着。超時間かかった( ;∀;)

 

 

高萩駅

 

なんせ3時間近く電車の中orz 腰いたい。

ガスっていた空も少しは明るくなっていた。よし。

 

ここから少し住宅地を走り、461号を西へ行き、花貫渓谷までは坂である。

しかし、いきなり坂。

 

もう坂・・・だと・・・?

もう坂…だと…?

 

まだ駅を出て5分だというのに?

 

 

 

そこまで坂という坂ではなく、渓谷の入り口まで簡単なアップダウンが続く。(´▽`) ホッ

 

そして渓谷の入り口の常磐自動車道の下をくぐる。

ここから本格的なヒルクライム・・・

 

でもなかった(*´▽`*)

 

それはロードならなんてことないが、ブロンプトンは16インチ車だ。

つらいっちゃあつらいが、なにせ景色が良いのでそんなに気にならない。

あとはそれなりに下りもあるので、上り一辺倒でもなかった(∩´∀`)∩ワーイ

 

疲れたー→左手に澄んだ渓流

 

また疲れたー→また左に花貫ダム、あと橋

 

つづら折りか?→途中にもみじの赤いじゅうたん

 

 

景色が良くて飽きない!

 

花貫ダム

 

花貫ダムから。帰りは海も見えました。

登っているように見えて、そんなに登ってないんです。

 

 

不動滝で満足しかけたが(笑)、当初の目的のるるぶ等に載ってる汐見滝の吊り橋を目指すことにした。

 

 

つづく

 

 

 

 

 

| ふみのねこ | おでかけ | 23:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
DAHON DOVE PLUSが気になる

 

JUGEMテーマ:日記・一般

タイトルの通り、2018年モデルのダホンのダブプラスが気になる。

鳩プラスの名前ではなく、そのサイズと「化けるかも?」な発展性にである。

 

 

ダホンダヴプラス

 

(画像はダホンのHPより拝借しました。)

ブラックカラーにロゴが緑のシンプルデザイン。個人的に金色よりコッチ。

 

 

これでクランク(チェーンリング)を46T以上にしたら、かなりスピードでるんじゃないか?

 

 

 

個人的には、どうしてももっと踏めれば・・・と思ってしまう。

 

というか、そもそも14インチ車にスピードを求めるのはいかがなものか?

14インチといったら3〜5歳の自転車のタイヤくらいだし、タイヤのラインナップも極少。

そういう用途には設計されていないかも(←されてない)だが、なんだか考えてしまうのだ。

 

某所で試乗した際、乗り心地はキャリーミーに酷似(!)していた(´・ω・`)

踏み心地や、ちょっと頼りない剛性、

なんとなく言葉にできない、ちょっとヤワイ(←かなり失礼)走行感・・・

だが、注目すべきなのはそんな些細なことではない。

 

もうちょっと踏めれば、約7kgの快適ミニベロになりえるのだ。

 

キャリーミーよりこっちの方がもちろん漕いでて楽だし、

折りたたみの手間暇と大きさを差し引いても

 

「キャリーミーキラー」になってしまいそうな気もする(書いててコワイ)。

 

あとはフレームにチェーンが干渉しないかや、そもそも規格が違うのでは?

と、色々疑問点はあるが、試乗したときにそこまで見てなかったorz

 

もしチェーンリング(もしくはクランクごと)がポン付けできたら、

相当楽しい自転車になるはず。もちろん坂は割り切ってあきらめるが。。。

 

思い返してみれば、カーブSLのフロント50×9Tのトップギアは恐ろしい速度だった。

そもそも長時間踏み続けられなかった・・・を考えると、46Tくらいが妥当なのかも。

 

追記→もう一度見てきたら、

46Tが干渉しないでイケるかな〜?くらいだった。

 

 

というわけで、誰か交換した人の情報待ちをする(汗)

 

| ふみのねこ | 自転車 | 12:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
那珂湊へ

JUGEMテーマ:日記・一般

 

ブロンプトンでは久ーしぶりの輪行(´・ω・`)

勝田駅から湊線を見に行く。

いろいろ目的はあったが、海の見える踏切や無人駅を見に行きたかったからである。

 

踏切

 

海の見える踏切、到着!

・・・はい、生憎の(定番の?)曇り空で海がガスってます(´;ω;`)

ちなみに渡ってすぐ右にセブンイレブンがある。

 

 

駅

 

とりあえずほとんどの駅をまわったが、中根駅の雰囲気が良かった。

写真だけ撮って、近隣の迷惑にならないうち退散。

阿字ヶ浦まで回り、最後は電車に乗って那珂湊駅まで。

 

おさむ

 

猫の駅長(おさむ)がいたが、たくさんの観光客に疲れていた様子だった。

無理に振り向かせようとせず、なで肩の背中を撮り駅を後にする。

 

ロゴ

 

凝ったデザインの看板。

あわよくばおさかな市場で海鮮を食べたかったが三連休の中日、

そんな希望は叶うはずもなく大混雑、おさかな市場を後にする。去り際に橋の上から一枚📷

 

さらば

 

ここから大洗→涸沼あたりで海鮮料理を・・・と考えていたが、大洗アウトレットは海鮮丼屋?だけ満席。

近くのお店も閑散としてて入りづらい・・・というか休みの店が多い。

 

海岸でサーフィン?の大会が決勝戦ですとやっていたが、よくわからず見ているうちに電車の時間が迫る( 一一)

結局大洗駅から水戸まで行き、帰路へ。電車の中がご当地アニメのキャラばかりで落ち着かない。

 

海岸線は、晴れていたら綺麗だったんだろうなぁ・・・

今度は晴れた日にちゃんと南下してみよう( ´・ω・`)

 

| ふみのねこ | 自転車 | 15:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE